東村山市で美容鍼灸、ハイフ、ダイエットは40代以上専門クローバー治療院

090-3432-0877

定休:不定休

090-3432-0877

営業時間 9:00〜20:00(最終受付19:30)

予約はお電話
にて受付

【朝の腰の痛み】5秒でできる対処法

【朝の腰の痛み】5秒でできる対処法

こんにちわ。
昨日ワクチン2回目を打って腕が猛烈に痛いコウヤマです。

めっちゃ痛いですね💦
ついでに頭も痛い。熱もある。
なので今日はお休みです。ご迷惑おかけします。

明日はご予約いただいていますが、こんなんで本当に大丈夫なのかしらん。

前置きが長くなりましたが、結構良く聞く起床時の腰痛

あなたは大丈夫ですか?
朝起きた時に、腰が痛くて真っすぐなるまでに時間がかかる

痛みを我慢しながら動いていると、なんとなく動けるようになる、マシになってくるというタイプの腰痛ですね。

このタイプは女性も男性も多く見受けられます。
事務仕事やドライバーなどの座った時間が長い方に多いようです。

しかもこのタイプは、じっと仰向けで(上向き)で寝ていられない、寝るときは横向きが多い、長い間立っているのが辛い、動いているときは大丈夫という特徴があります。

このタイプの原因は、身体の前面の筋肉が座るための筋肉になってしまっているから。
要は身体の前面が縮こまり、姿勢を背面だけで支えてしまっているんですね。

身体の前側が縮こまったまま動こうとすると腰が痛い。
しばらく身体を伸ばさずに歩いたり動いたりしていると、筋肉がこなれてきて腰痛がマシになってきて普通に動けるみたいな感じになります。

座っている時間が長いから、身体が座ったままの姿勢になりたがるのですね。
(分かりにくいか…)

寝ている時も横向きで寝るのが楽なのもこのせい。

横に寝て、ある程度股関節が曲がっているのが楽なのですね。
仰向けやうつ伏せで足を伸ばしたままだと腰がつらくなってきてしまいます。

簡単対処法

対処法は至ってシンプル。

横向きになって丸くなる

これだけです。

注意点としては、「手を使わない」「膝と頭をくっつけるようにする」です。
左右どちらでも構わないので、朝起きたらベッドから出る前に5秒間だけ丸くなってみましょう。

できるだけ力いっぱい行いますが、痛みが強い時は加減してくださいませ。
(あくまで自己責任でお願いいたします)

いつもは20分くらい中腰で動いていたけど、丸くなってから起きることで20分かかっていたものをある程度短くすることができます。

もしくは、すっと動けるケースもあるでしょう。

なぜ丸くなるのがいいのか?

この腰痛のパターンとして、身体の背面だけ使って立つ、歩くという癖がついていて、身体の前面を使えていない、もしくは身体前面の筋肉の動きが悪いことが挙げられます。

ですので、起き抜けに「先に身体の前面を積極的に使って、筋肉の緊張を入れておく」ことを目的として丸くなるのです。

いつもは背面だけで動けてしまい、腰が痛くなっていたので、背面を助けてあげる意味でも先に身体の前面を使ってあげましょう。

ちなみに、普通の時に前屈(身体を前に屈める)はどのくらいいきますか?

実際に試してみた方は、横向きになって全力で丸くなってみてください。
これだけで、腰の緊張が抜けやすくなるため、前屈結構イケるようになる方も多いはず。

「身体が硬い」「前屈が苦手」という方もぜひお試しください。

普段使っていない筋肉を起こしてあげると身体は必ず変化します!