東村山市で美容鍼灸と美容整体は40代以上専門クローバー治療院

090-3432-0877

定休:不定休

090-3432-0877

営業時間 9:00〜20:00(最終受付19:30)

予約はお電話
にて受付

足が痩せずらい人の特徴とは?

足が痩せずらい人の特徴とは?

こんにちは!今日は暑いですね(-_-;)…。なんでも30度まで上がるとか。
昨日東京アラートなるものが発令されたとかで、また外出自粛要請が出そうです。勘弁してくだされ。
大丈夫なのかしら。

さて今回の記事ですが、

足が痩せない人の特徴について

上半身は痩せているのに、なぜか足は痩せない。
足首、ふくらはぎ、ふとももなどのパーツが太い、がっしりしてしまう。

こういった方は結構います。
そこでその原因と対処法について書いていきます。
ちなみに今日の記事はガチなので、少し読みずらいかもしれません。

まずは足全体が痩せない原因について。
足が太くなるというのは、浮腫みか、無駄に筋肉を使いすぎているか、もしくはその両方という事になります。

まず浮腫みについては、解剖学的に血管やリンパ管などの通り道が細くなってしまい、老廃物が滞ってしまって浮腫むということが挙げられます。

膝下がとにかく浮腫む場合には、膝の裏。
足全体がぼわっと浮腫む場合には、鼠径部、いわゆるコマネチライン。

この部位周りの筋肉が硬くなっているか、使いすぎて筋肉が太くなり、血管などを圧迫してしまうのですね。なので、膝の裏や、コマネチラインあたりの押して痛い部分を探してやさしくマッサージなどをしてみてください。

次に無駄な筋肉の使い過ぎで足が太くなってしまう場合。

無駄な筋肉を使うというのは、立ったり歩いたりする時に、メインで使う筋肉は決まっているのですが、そのメインで使う筋肉をうまく使えていないから、他の筋肉が常に頑張ってしまい、発達してしまうのです。

筋肉が発達するということは、筋肉が肥大してしまうということですね。
その分足が太く見えてしまうわけです。

無駄な筋肉を使わないと立ったり歩いたりできない原因もいくつかあります。
まずは姿勢です。

女性の多くは、骨盤が身体に対して前に位置しています。
この姿勢では、太ももの前や斜め前側が張りやすくなります。

太ももの付け根の前側が張っていて、これにより太ももが太く見える人はかなり多いです。

この腰の位置に加えて多いのが、偏平足です。
偏平足というのは、土ふまずの面積が少ない、足のアーチ(体重を支えるためのクッションの役目)がない足の事です。

加えて偏平足を後ろから見ると、通常よりも曲がってしまっています。
この状態では、色んな筋肉を使わないと立ったり歩いたりできないのです。

なので、腰の位置が前、偏平足傾向の人は足が細くなりずらいのです。

対策としては、
腰の位置を戻す、偏平足傾向を軽減させる、この2点になります。

まずは腰です。

腰が前に出てしまう人の特徴として一番に挙げられるのが、
身体前面の筋肉不足です。身体後面の筋肉に比べて、前の筋肉が弱すぎるのですね。

キッチンで料理している時に、シンクにお腹をあてて、寄っかかってないですか?

行うべきエクササイズはプランクです。
こういうやつです↑
かなりきついですが効果は絶大です。
腰が前に出ているとポッコリお腹の原因にもなりますので、このプランクはオススメです。

次に偏平足。
偏平足の人は足首回りの筋肉が硬く、皮膚が筋肉に張り付いてしまっている状態です。
この状態では、つまむと痛いです。

なので、足首よりも少し上を足を1周細かくつまんでみましょう。
なるべく小さくつまんだ方が良いです。

固くなっていると、小さくつまめないか、つまむと痛いはずです。

つまんで痛いところをなるべく細かく何回もつまんでいきます。
刺激していくと、よりつまめるようになったり、痛い感じが少なくなってきます。

この状態になってきたらOK。
次に足の親指から挙げていき、足首を反らします。(背屈)
反らしたら、やはり親指から足首を伸ばしていきます。(底屈)

この動作を繰り返し行います。
注意する点は、足首を伸ばす際に、膝が内側に回らないようにしましょう。

偏平足対策ではもう一つ行います。
足の指の強化です。

タオルを床に置き、その上に足を置きます。
その状態で、足の指を使ってタオルを手繰ってきます。

こうすることで、足底筋膜という膜が鍛えられ、足のアーチが正常に戻りやすくなります。

プランク、足首の運動、足の指の強化。

以上が足を細くさせるための第一歩です。
あなたの足。使い過ぎの筋肉ないですか?。