東村山市で美容鍼灸と美容整体は40代以上専門クローバー治療院

090-3432-0877

定休:日曜日

090-3432-0877

営業時間 9:00〜20:00(最終受付19:30)

予約はお電話
にて受付

ダイエット後のリバウンドはこう防ぐべし!

ダイエット後のリバウンドはこう防ぐべし!

リバウンドを防ぐために必要なこととは?

頑張って頑張ってダイエットに成功した!
でもちょっと気を抜くとすぐに体重が戻ってしまう…。

こうした経験がある人も多いはず…。

リバウンドしやすい体質?
自分に甘いのが悪いの?
ダイエットが急激すぎた?

このブログで書かれていること

〇 リバウンドが起る仕組み
〇 リバウンドが起るかどうかはダイエット前に決まっている
〇 体質が関係するか?
〇 リバウンドしないために必要な事と心構え

リバウンドが起る仕組み

リバウンドはなぜ起こるのでしょうか?
一般的には、急激に体重を落とすとリバウンドしやすいと言われています。

指標としては、1ヶ月以内に5%以上体重を落とすとリバウンドが起る可能性が高いのです。

1ヶ月以内に5%以上体重を落とすとリバウンドしやすい理由としては、人間の身体には、機能を一定に保つホメオスタシス(生体恒常性)という機能があります。

このホメオスタシスが、急激な体重減少を食いとめようとしてしまうと言われています。

今までカロリーが入ってきたのに、急にカロリーが来なくなったら、身体は栄養を身体に溜め込もうとしてしまいます。

これがリバウンドの原因となります。
ダイエットを止めたら体重が元に戻った、少し食べただけで、体重が著しく増えたといったことがあった場合、このホメオスタシスが働きすぎている可能性があるのです。

リバウンドが起るかどうかはダイエット前に決まっている

リバウンドするかどうかはダイエットを始める前に決まっているとはどういう事でしょうか?

前述のホメオスタシスが、ダイエット前にどのくらい働いてしまっているか?
このホメオスタシスはカロリーに関することだけではないのですが、ここでは、分かりやすく摂取カロリーに絞って書きたいと思います。

ダイエットを始める前に、どのような食生活、生活習慣でしたか?

体重を気にしていて、炭水化物を抜く、朝と昼はごく軽い食事で、夜はお酒を飲むからおかずだけ、ご褒美のお菓子やパンなどが多い、幾度もカロリー制限をしたダイエットに失敗している…。

すでに、ホメオスタシスが働きすぎている状態でダイエットを始めているとしたらどうでしょうか?
余計にホメオスタシスが働いてしまい、脂肪やカロリーを溜め込もうとしてしまうとしたら。

この状態でカロリー制限と運動をすると、余計にホメオスタシスが働いてしまうと思いませんか?

そうなんです。
ダイエット前の生活がリバウンドするかしないかを決めていると言っても過言ではないのです。

身体がやばいと感じて、脂肪やカロリーを一生懸命溜めようと働いているときに、あなたが、カロリー制限をして運動するのです。身体はさらに危機感を感じてしまいます。

体質が関係するか?

正確には、リバウンドを数回繰り返すと、「リバウンドしやすい体質になっていく」のです。

リバウンドを繰り返すことで、より身体がエネルギーを溜め込もうとする「癖」のようなものがついてしまい、よりリバウンドしやすい体質に変化していってしまうのです。

ダイエットや生活習慣などで、常にエネルギーが枯渇している、いわゆる軽度の栄養失調状態に、ダイエット食でも少量のカロリーを摂取すると、必要以上に血糖値が上がるようになります。

血糖値が上がるとインシュリンもそれに伴い放出されるようになっていきます。

この不必要に出されてしまうようになったインシュリンがリバウンドの元になっていると言っても良いかもしれません。

無駄なインシュリンは捕まえた糖質をかたっぱしから中性脂肪に変えていくのです。
リバウンド、痩せづらい、痩せた事がないという場合には、無駄にインシュリンが出てしまうような生活習慣が長いこと続いているということが想像できてしまうのです。

なので、元々の体質というよりは、生活習慣により、リバウンドしやすい、痩せずらい内臓の癖(血糖値の癖)がついてしまっているという事が正解だと考えています。

このことから、体質だから痩せないのではなく、痩せない生活習慣をしているから痩せないのです。
痩せない体質に自分でしてしまっているから痩せないのです。

リバウンドしないために必要なことと、心構え

せっかくダイエットするのですから必ず成功させたいものです。

リバウンドしないために必要な事第一位は、
ダイエットを開始する前に準備期間を設けるです。

特に40歳以上でダイエットに挑戦する場合には、きっちりと準備期間を設けることをお勧めします。

この準備期間は、2週間から1ヶ月は欲しいところです。
理由としては、痩せやすい、または、痩せて見える姿勢づくりをする、血糖値の上昇を極力抑える食生活習慣を根付かせるためです。

リバウンドで失敗する原因のほとんどは、いきなり体重を落とそうとしてしまうことが挙げられます。

40歳超えたら、ダイエット=「体重を落とす」ではだめなのです。

何度も言いますが、体重をただ落とす=命が危ないと脳が判断=カロリーを溜め込もうとするからリバウンドする、痩せないのです

姿勢的にも、食生活習慣もきちんとした準備期間を経て、脳が体重が落ちてきたとしても危険だと判断されなければリバウンドは起こりづらくなるのです。

以上の事から、準備期間は必ず設けたいのです。

また、成功してリバウンドもせず生活できている人に多く共通しているのが、ダイエットだからと構えすぎていないことです。

気合を入れすぎないとでも言いますか、例え外食で食べちゃっても、お酒の席で飲みすぎちゃっても自己嫌悪にならず、その後も引き続き、ただ淡淡と減量のために取り組めているのです。

何のために減量するのかは人それぞれあるでしょう。
減量のために、最初は我慢と感じることもあるでしょう。

目標達成するために、ストイックになりすぎず、正しい事を淡淡と続けていれば、リバウンドせずにきちんと減量できるのです。

焦らず、正しいことをただ淡淡と行う

40歳以上の減量はこれに尽きると思います。
頑張りすぎないで、淡淡と正しいダイエットしていきましょう!